施工事例

最新の施工事例を
ご覧ください。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 断熱リフォームは、どこから行うのが効率的か。 
断熱改修

断熱リフォームは、どこから行うのが効率的か。 

最近は、断熱リフォームや、断熱改修と言う言葉を良く耳にしますが、断熱リフォームや断熱改修とはどのような工事なのでしょうか。

現在のお住いが、冬はとても寒かったり、夏はとても暑かったりするのを、少しでも改善するための工事が、断熱リフォームや断熱改修工事で、断熱工事をする事により、冷暖房の利きも良くなって、必然とエアコンの電気代も下り、住まいの省エネ性能も向上します。

断熱工事の中でも、屋根や壁全体を行うフル断熱リフォーム工事は、1000万円以上のコストが掛かることも多く、なかなか踏み切るには厳しいですが、部分断熱リフォーム工事でしたら、予算に合わせた工事が可能だったり、何回かに分けて工事を進める事も可能です。

では、この部分断熱リフォーム工事を行う場合、どこから始めるのが一番良いのでしょうか。

まず最初にお勧めなのが、窓の断熱工事です。
室内を、冷暖房している場合、サッシのガラスが1枚の単板ガラス仕様の場合、温めたり冷やした空気の半分程が窓から逃げていくと言われています。
その為、まずは窓の断熱工事から始めるのがお勧めで、コストの割に一番断熱性能の向上が期待出来て、一部屋ずつ工事を行うことも可能で、内窓を設置する工事であれば、工事日数もそれほど掛からず、一部屋なら1日で工事完了できます。
また、内窓を設置する事により、冬の窓ガラスにビッシリと付く結露も大きく減らすことができ、煩わしい毎日の窓ふきから解放されます。

インナーサッシ
断熱内窓

その次に行う断熱工事は、壁の中の空気の流れを止める、気流止め工事です。
生活の中で目に見えない部分ですが、最新断熱工法の基礎断熱工法や屋根断熱工法以外のお住いは、床の面で断熱する床断熱工法や天井の面で断熱する、天井断熱工法が多くを占めますが、新築工事当初の大工さんや現場監督に断熱工事の知識が乏しく、床下の空気や屋根裏の空気が、壁の中に入らないように行う、気流止め工事を行っていないお住まいがとても多くみられます。

床下からの、冬の冷たい空気や、天井裏からの夏の暑い空気が壁の中に入り込むのを防ぐ事により、冷房や暖房の利きが格段に良くなります。

最後に行う断熱工事は、屋根や床、外壁面の断熱工事になりますが、断熱材の隙間がなくなるようにしたり、2重に断熱材を入れる事により、断熱と気密の性能を向上させる工事となります。
その中でも、天井の断熱は、天井裏に入れる点検口等を作り、そこから断熱材を隙間なく天井に吹き入れる工法が比較的コストも抑えられる工法になります。

既存のの屋根や外壁の上から、断熱材を貼り増す外断熱工法も優れた工法ですが、コストはそれなりに掛かりますので、屋根や外壁のメンテナンスが必要な時期に合わせて行うと、若干のコストダウンも期待できます。

最近では、世界的にCO2の削減を進める中で、断熱リフォームや断熱改修に補助金を、国や自治体が出していることも多いので、断熱工事に興味のある方は、ホームページ等で調べてみたり、業者に問い合わせを行ってみて下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事