施工事例

最新の施工事例を
ご覧ください。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 屋根瓦の台風対策!!
瓦被災

屋根瓦の台風対策!!

2018年の大型台風の直撃の時には、弊社にも屋根瓦が飛んでしまったというお問合せが多く寄せられました。

築年数の経っている建物は、棟瓦の下に土を入れて、銅線などで縛って納めていて、その銅線が切れたり、瓦を支えている土が崩れて、銅線が緩んでしまう事が多くありました。

東日本大地震の時にも、上記の工法の瓦の多くは、棟瓦が崩れたり、ずれたりして、弊社でもすべてのお客様の屋根を直すまでに1年以上も掛かりました。

近年の瓦屋根は、地震や台風の対策の為、強化棟と言われる工法を多く採用しています。

この工法は、土で瓦を支えるのではなく、棟の下に木材を入れて、棟瓦を直接釘やビスで止めていきます。

強化棟工法の場合でも、10年程前位までは、ほとんどが釘で瓦を止めていたため、棟木の経年変化のやせなどで、釘が緩んで浮いてしまい、台風などの強風時に飛んでしまう事があります。

瓦屋根にお住いの方は、是非一度屋根の点検をしてみて下さい。

釘留めの場合の改善は、いたって簡単で、緩んでいる釘を抜いて、ビス止めに替えるだけです。

工事も、1日か2日で完了して、工事代金も、5万円~10万円程度で済みますので、外壁塗り替え工事等に併用して行ってみては如何でしょうか。

瓦釘
瓦の釘が浮いています。
瓦ビス止め
棟の瓦をビスで止めました。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事