施工事例

最新の施工事例を
ご覧ください。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 寒いお住いの断熱リフォーム工事の順番は・・・

寒いお住いの断熱リフォーム工事の順番は・・・

2月3日は節分となり、暦の上では、春に突入となりますが、グラスランチハウスのある、八千代市周辺では、まだまだ寒い日が続いています。
家の中でも底冷えをするようなお住まいは、健康の為にも断熱工事をする事をお勧めします。

暖房をしている部屋としていない部屋での温度差が大きいと、ヒートショックを起こすリスクが増えて、とても危険な状態になります。
特に古い木造家屋にお住いの方は、すぐにでも断熱工事をする事をお勧めします。

そうはいっても、膨大な金額が掛かる断熱リフォームをいっぺんにする事は、なかなか難しいですね。
予算が限られている中で、どこから断熱リフォーム工事を始めたらいいかわからない方も多くいらっしゃると思いますので、今回はコストパフォーマンスを考えながら、より有効な断熱リフォームのお話しします。

お住まいの中で、60%~70%は、窓から暖気や冷気が逃げていくと言われています。
特に、ガラスが一枚の単板ガラスの窓の場合は顕著です。

そこで、お勧めなのが、内窓を取付けるインナーサッシ工事です。
現在は、最高で200万円、工事費の50%の補助金がもらえて、冷暖房費も抑えることが出来て、最高のコストパフォーマンスを発揮します。

内窓は、1日で3ヶ所位取付が出来ますので、工事期間も短くて済みます。

次に行う断熱工事は、床の断熱リフォームです。
ここ最近に建てられた建物は、床下に断熱材が入っている建物がほとんどですが、年数の経った建物は、まったく断熱材が入っていない場合が多く見られます。

ほとんどの家は、床下の乾燥が目的で、基礎に換気口や通風孔が設けられていて、床下には、外気と同じ温度の空気が入ってきてしまします。
その為、冬に床がとても冷たく、スリッパ無しでは、いられないほどです。

そこで行うリフォームが、床下断熱です。
床を支える、根太と言う木材の間に隙間なく断熱材を敷き詰めていきます。

特に和室は、畳と壁に間に入っている、畳寄席と呼ばれる部材の下に大きな隙間があり、そこから床下の冷たい空気が部屋の中に入って来てしまうため、その部分を断熱材で埋めるだけでも効果があります。

屋根や外壁のリフォームを計画中の方は、思い切って断熱工事をする事をお勧めします。
単に、塗装の塗り替えですと、断熱工事との金額差は大きいいですが、屋根の葺き替えや外壁の貼替工事をお考えの場合、もう少し予算を掛ければ、屋根、壁の断熱工事を行うことが出来ます。
特に、現在の屋根や壁材の上から断熱材ですっぽりと覆てしまう、外貼り断熱工法がお勧めです。

断熱工事は、色々な方法がありますが、それぞれのお考えやご予算に合わせて火Qんが得てみては如何でしょうか。
現在環境省や国土交通省等で、2024住宅省エネキャンペーンを行っており、省エネ断熱工事を行うと、補助金を貰うことが出来ます。

省エネ技術者の在籍するグラスランチハウスでは、八千代市や佐倉市、船橋市をはじめ、その周辺の市町村で多くの省エネ断熱リフォームを多く手掛け、補助金に申請も行っていますので、これらの工事を計画中の方は、ぜひこの機会にご相談ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事